本文へスキップ

大川小学校児童津波被害国賠訴訟を支援する会です。

専修大学法学研究所および社会学ゼミナールのご協力を頂き、本支援する会との共同主催で、下記のシンポジウムを開催できることになりました。

判決確定後、はじめての集まりです。今後についても一緒に議論したいと思います。どうぞ奮ってご参加ください。

◆日時:2019年11月23日(土・祝)14:00-17:00
◆会場:専修大学神田校舎5号館7階571教室
(東京都千代田区神田神保町3-8、約200名)
◆主催:専修大学法学研究所 専修大学法社会学ゼミナール
.   大川小学校児童津波被害国賠訴訟を支援する会

◆協力:小さな命の意味を考える会 大川伝承の会

◆事前申込お願いします:http://bit.ly/Okawa1123

<公開、入場無料>

◇登壇者:
紫桃隆洋・只野英昭(原告遺族) 吉岡和弘・齋藤雅弘(原告代理人)
リチャード・ロイド・パリー(『津波の霊たち』著者・ザ・タイムズ紙)
髙橋眞(大阪市立大学) 飯考行(専修大学)  会津泉(多摩大学)

2011年の東日本大震災の津波により、宮城県石巻市立大川小学校の児童74名と教職員10名が犠牲になり、児童23名の遺族が裁判を起こしました。控訴審の仙台高等裁判所は、2018年4月の判決で、市教育委員会と校長等に、児童の安全を確保する義務と、津波避難に向けた事前防災対策を怠った組織的な過失を認め、石巻市と宮城県に損害賠償を命じました。市と県は最高裁判所に上告しましたが、2019年10月10日付で棄却され、仙台高等裁判所の判決が確定するに至りました。
このシンポジウムは、各方面に影響を及ぼしうる画期的な上記判決の確定を機に、原告代理人弁護士による仙台高等裁判所判決の内容紹介、髙橋教授の民法学の視点からの判決分析、遺族の思いの表明、ロイド・パリー記者のコメントと、パネルディスカッションを通じて、大川小学校津波訴訟とその意義を考えます。
ご関心をおもちの皆さま多数のご来場をお待ちしております。

◇こちらのウェブサイトよりお申込み下さい。

◇お問合せ:飯考行(いい・たかゆき) iit@isc.senshu-u.ac.jp まで

 

大川小学校児童津波被害国賠訴訟を支援する会

吉岡和弘法律事務所 内

〒980-0812
宮城県仙台市青葉区片平1丁目2番38号805
TEL 022-214-0550

あのとき、大川小学校で何が起きたのか

新品価格
¥1,620から
(2014/5/15 11:41時点)